「夢の箱」を抱く家|My GARAGE(マイ・ガレージ)|GARAGE1 憧れのギャラリースペース|ウィザースホームの住宅商品

憧れのギャラリースペース
GARAGE1憧れのギャラリースペース

シンプルな表現にこそ、突き抜けた先の美意識が込められていると思う。
たとえば、究極の機能美を追求したパートナーのシルエットには、
何気ない日常をアートに変えてしまう魅力と伝説が秘められている。
私にとってガレージハウスは居心地のいい生活空間であり、
感性を活性化するギャラリーでもある。

ギャラリーとして愉しむ。

クルマと人が一緒に暮らすガレージハウスは、我が家で過ごすプライベートタイムを24時間愛車とともにできるという、クルマ好きにとってまさに夢のような住まいです。たとえば、子供の頃から恋い焦がれてきたスポーツカーをようやく自分のものにできたご主人が、ステアリングを握ることはもちろん、その流麗なスタイリングを身近に愛でながら暮らしたいと願う。そんなケースでは、単にガレージをガラス張りにするという解釈ではなく、あくまでも住まう人の快適さを追求しながら、その見え方や家族とのかかわり方まで配慮することが大切なポイントになります。

その家のライフスタイルを象徴するオブジェにしたいのならエントランスに、家族みんなで楽しみたいのならリビングに、そして、ご主人が中心に寄り添いたいのなら書斎に、それぞれの居住部分と一体になった“ギャラリー空間”としてベストなプランニングを追求し提案していく。ウィザースホームの考える「愛車を鑑賞するガレージハウス」は、ご主人の分身のようなクルマをアートとして引き立てながら、住まいとのいい関係を引き出す住まい。きっと、訪れたゲストの表情は「このオーナーにこのクルマあり、そして、この住まいあり」という羨望の眼差しへと変わるはずです。

ギャラリーとして愉しむ。
資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせはこちら

PAGE TOP