CONCEPT

20周年コンセプト

「大切な“ひと”に寄り添いたい」
と願うことから生まれる想いエナジー
“まち”に“ほし”に
強く大きくつなげていく。

多くのご家族が、新しい家や新しい街での暮らしに
大きな夢と可能性を描くように、
私たち『ウィザースホーム』もその想いに負けないような
とっても大きな夢と可能性を描きました。
2001年1月、『ウィザースホーム』は、
お客様の暮らしに寄り添う提案力と、永く安心して住み続けられる
ロングライフ住宅を提供するブランドとして誕生。
その時に描いた夢、それは、“WITH EARTH=地球に寄り添う”こと。
あれから20年…時代も世界も変わりました。
しかし、ご家族の暮らしに寄り添い、その地域に相応しい家と街を創造し、
家や暮らしを通じて地球に寄り添いたいという夢は変わっていません。
“ひと”に寄り添うことで、“まち”が豊かになり、
多くの家族がこの“ほし”を想って生きることを
私たちは強く信じています。

そして、私たちは創造します

With HUMAN

“ひとに寄り添う”を創る

大切な“ひと”との未来を想像してみる。
家族や両親、友人たちとの限りある未来は輝いている?
今や未来を共に過ごすに相応しい住まいは在る?
感性を育む時期の子どもと豊かなひとときを。
ずっと見ていたい両親の笑顔にふれる尊いひとときを。
同じ時代を生きてきた友人たちとの愉しいひとときを。
そんな時間を輝かせる、そんな家を創る。

With TOWN

“まちに寄り添う”を創る

時に暮らす“まち”は、住む家より優先される。
そこには、人の思い出やあこがれ、
さまざまな縁という時間が流れている。
人が、家族が暮らすことを決めたその“まち”を
より輝かせる、より好きになる
そして、家族や家への愛情が、“まち”に広がり
“まち”と未来を守りたくなる、そんな家を創る。

With EARTH

“ほしに寄り添う”を創る

大切なひととまちが存在する地球は今輝いている?
刻一刻と地球や自然環境を愁う声は大きくなっている。
家族や友人たちと“ほし”について語ったのはいつだろう?
家をつくるプロセスや、毎日の暮らしの中で
ライフサイクルや自然エネルギーの利用を通して
この“ほし”のことを少しでも一緒に考えたい。
暮らしの先に“ほし”を想う、そんな家を創る。

ウィザースホーム20周年記念 ひとに寄り添い まちに寄り添い ほしに寄り添う

ひと、まち、ほしを想う
『コノホシさん』について

ウィザースホームが掲げる“WITH EARTH=地球に寄り添う”を考えるひと。コノホシさんは、ひと、まち、ほしのことをいつも考えている。どうしたら、今よりひとが、まちがよくなるのかを真剣に考えている。まずは、今を知ること、そして想像や思考をめぐらせる、そんな寄り添うことの第一歩の姿をみせてくれる人。まんまるでおおきなボブヘアは、いつも想像と思考でいっぱい。そして、その先の行動としての家や街が溢れ出ている。

ウィザースホーム